乳酸菌とビフィズス菌

善玉菌と乳酸菌って違うの?

 

乳酸菌

乳酸菌とビフィズス菌は実は違う種類の善玉菌です。乳酸菌とビフィズス菌って違うの?

 

 

よく一緒にされがちなのですが、違うんじゃな

 

 

乳酸菌の定義としては
「乳酸を出す菌」
ということがあるんじゃ。

 

 

一方でビフィズス菌は
乳酸も出すし、同時に「酢酸を出す」菌でもあるんじゃ。
なので違いがあるんじゃな。

 

 

乳酸菌

両方とも善玉菌であるのには違いはないぞい。

 

 

人の腸内に存在するのは?

 

乳酸菌

実は腸内に存在する善玉菌は、ビフィズス菌の方が圧倒的に多いんじゃ

まさに人の善玉菌と言えるんじゃよ。
圧倒的にというよりも、ほぼすべてビフィズス菌じゃな。
その割合は99.9%ビフィズス菌であることが分かっているんじゃ。
意外ではないかの?

 

乳酸菌はあくまでビフィズス菌のサポート役なんじゃ。
乳酸菌がいることでビフィズス菌が増えるというサポート役もこなしているんじゃな。

 

ビフィズス菌が出す酢酸は実は強い殺菌作用があるので、腸内の中の悪玉菌をやっつけてくれるという嬉しい作用があるんじゃ。
逆にビフィズス菌が減少することで悪玉菌が強くなり腸の中の健康を害することで、わたしたちの健康を害することも多くあるようじゃ

 

 

ビフィズス菌は生後間もないころ、腸の中のほぼ100%を占めているんじゃ。
赤ちゃんの腸は一番健康で、お肌もプルっプルではないかの?
でも、ビフィズス菌と乳酸菌それぞれ、食べるものなどによってどんどん減っていくことが分かっているんじゃ。

 

 

 

 

できるだけビフィズス菌と乳酸菌を意識的に摂って、腸の中の悪玉菌を増加させない・強くさせないことが重要じゃな。

 

ダイエットにも必ず影響するから、よく覚えておいた方いいぞい!

 

 

乳酸菌サプリでどれがオススメか?コチラの解説ページで紹介しています。
乳酸菌ダイエットオススメの乳酸菌サプリについて


乳酸菌のQ&A 乳酸菌ランキング ダイエット体験談 乳酸菌の口コミ